合理的配慮と安全配慮義務

0

    JUGEMテーマ:ビジネス

     

     

    障害者雇用促進法上の合理的配慮

    大雑把に、簡単に言えば企業は無理をしない範囲で合理的配慮をしてね

    無理をしないでできる範囲でねという風になります

     

     

    安全配慮義務は

     

    働くにあたって健康を害したりするなんてとんでもない、

    裁判官があなたが悪い、よって働いて健康を害したので○○万円払いなさいというふになります

     

    例えば吃音の障害を持つ人で、電話対応が苦手で、電話対応を外してほしいといったところ、

    うちにはそんな余裕がないから

    といい薬を飲みながら電話対応をして精神疾患が悪化をして働けなくなってしまいました

    そういう場合は当たり前のことですが会社側は安全配慮義務違反にとわれます

     

    安全配慮義務>合理的配慮という風になるために、トラブルを未然に防ぐためには精神党の障害等を持っている人に対しては御お売り的配慮で最大限の譲歩をしなければならないと思います

     

    もし。安全配慮義務違反に問われるとヤフーニュースで代替的に取り上げられてツイッターで拡散されて、ブラック企業の烙印を押されてしまうのかもしれません




    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 吃音と合理的配慮の必要性(1)事業所等における安全配慮義務と精神疾患等における配慮
      管理人
    • 吃音と合理的配慮の必要性(1)事業所等における安全配慮義務と精神疾患等における配慮
      つばさ

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM