面接時の合理的配慮

0

    面接時の合理的配慮

     

    障害者雇用促進法上では原則として合理的配慮をされる人は原則障害者手帳を持っている人+障害者 身体障害、知的障害、精神障害(発達障害を含む。第六号において同じ。)その他の心身の機能の障害(以下「障害」と総称する。)があるため、長期にわたり、職業生活に相当の制限を受け、又は職業生活を営むことが著しく困難な者を障害者として定義をされています

     

    例えば言語障害が軽く面接時に合理的配慮を受けたいと思っても障害が軽いために障碍者雇用測人法上の障害者の基準に見たな売場合には企業は合理的配慮をする義務はありません

     

    また合理的配慮は障害者が合理的配慮をしてくださいと申し出なければ企業側が合理的配慮をする義務もありません、

     

     

     

     

     




    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 吃音と合理的配慮の必要性(1)事業所等における安全配慮義務と精神疾患等における配慮
      管理人
    • 吃音と合理的配慮の必要性(1)事業所等における安全配慮義務と精神疾患等における配慮
      つばさ

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM