発達障害も

0

    JUGEMテーマ:ニュース

     

    googleニュースで社労士と検索をすると

     

    大阪国際がんセンター(大阪市中央区大手前)と府社会保険労務士会(飯田政信会長)は30日、患者の就労支援に役立てるため、社会保険労務士が、がん患者との相談や情報提供に応じることなどを盛り込んだ協定を締結した。

     

    という記事がありました

     

    10年近く前にガンガン蛇の就労支援といったところ、相手にもされなかったようです

     

    当事者団体が地道に活動をした結果社労士会との締結が結ばれたのではないかと思います、

     

    発達障害者の団体も地道に取り組んで大阪国際がんセンターのような協定を締結をしてほしいです


    失業率

    0

      厚生労働省が8月29日に発表した労働力調査によりますと有効求人倍率は前月比0.01倍上回る1,52倍にとどまりました、

      また正社員の有効求人倍率は、前月と堂野1.01倍にとどまりました 

      完全失業率は前月と同じ2.8%

      新規求人数の産業別では、製造業が前年同月比10.5%増、運輸業、郵便業が9.2%増、宿泊業、飲食サービス業が4.7%増にとどまりました

      正社員の賃金が上がらないのはまだまだ有効求人倍率が低いためなのかもしれません、やっと1倍を超えたくらいで足どまりをしています、

      社会保険労務士試験の労働保険に関する一般常識では今話題になっていることが多く取り上げられることが多いです、今回は外国人の雇用に関することが出題をされました

      これからますます人手不足が深刻化をする中で人手不足と失業率関連がシュッ台をされるのではないでしょうか

      あけぼの事務所では社会保険労務士受験生に対してロウイチ対策などのニュースも配信をしてゆきたいと思います

       

       

       


      申し込んでみようかな

      0

        千葉県がコミニュティカフエ開設講座を9月2日から開くそうです

         

        このコミニュティカフェの口座に募集をしてみようかと思います

         

        前々から吃音や緘黙などの言語障害の就労支援(a型をやってみたいと思っていました)

        しかしその運営をするのにもお金がかかりますし、仕事を取るだけでも大変です

         

        その点カフェならば期間限定、週何日かでできますし、お金もあまりかからないですし、

        後程詳しく書きたいと思います


        頑張りましょう

        0

          就労支援

          口先だけではなくきちんと地道に取り組みましょう

           

          今まで分かったこと

           

          吃音で障害者手帳を持っていなくとも特定求職者雇用開発助成金(発達障害者・難治性疾患患者雇用開発コース)が適用されること

          障害者手帳を持っていなくても障碍者職業センターで相談が受けられること

          或る首都圏の自治体ではfaxで送付をしても労働相談が受けること、

           

          これからの事

           

          どのくらいの障害で精神障害者手帳が所得できるのか

          企業、社労士に吃音でも精神障害者手帳が取れること、そのことにより合理的配慮ができるのではないのか

          企業側にとっても吃音の障害者を持っている人にとってもプラスになると思います

           

          口先だけではなく頑張りましょう

           

           


          みなしきてい

          0

            よくある誤解に来年から精神障碍者が法定雇用率に含まれるという誤解があります

             

            今まで精神障碍者を雇った場合には身体障碍者や精神障碍者を雇ったものとみなすという規定でした

            そのみなし規定がなくなっただけです

             

            そのために新たにきぃようが精神障碍者を雇わなければいけなくなるとか、新たに精神障碍者が義務化をされて雇用率に算入されるという事はありません

             

             


            イクメン 変わらなければ

            0

              JUGEMテーマ:ニュース

               

              最近は男性も育児をという流れになってきています

              千葉市では2014年度から3歳未満の子を養育する男性が育児休業を取った時に男性の育児きゅうぎゅ所得促進奨励金

              というのを設けています

               

              この奨励金は26年度は0件、27年と28年は2件、今年は2件だけだそうです

               

              それでもこの奨励金を所得した企業は入社の考えになったというような声もあるようです

               

              昔は男性が育児をするというのは考えられなかったのですがイクメンという言葉ができたように男性が育児をするのが当たり前になってきました、

               

              昔は車いすで出かけるというような人も見なかったのですが、最近は見るようになりました、

              車いすの利用者が増えたというよりも、それだけ車いすの人がつやいやすい環境なったという事だと思います

               

              言語障害者も言語障害がありますと言えるような社会、言語障害というのが受け入れられるような社会になってほしいです


              ワンコインの名刺

              0

                JUGEMテーマ:ニュース

                 

                名刺

                皆、どのぐらいの値段で注文をしているのでしょうか

                 

                名刺をどうしても作る必要に迫られて作りました、

                 

                千葉のヨドバシカメラの入っているビルの4階にある、お店

                 

                ナ、ナント名刺がワンコインでできます

                プリンターで作ろうかと考えていましたがプリンターで作るよりも安上がりです


                吃音で障害者雇用枠

                0

                  質問

                   

                  吃音で障害者雇用を希望しても、難しいのですか

                  どこでどうやって証明するのでしょうか

                   

                   

                  答え

                   

                  障害者雇用、

                  ぶっちゃけ言って障碍者手帳をとることです、

                  中小では障碍者雇用が罰ゲームだ、

                  シンポジュームでは精神障害が波がある、自分で健康元利ができないというマイナスのオンパレードでした、

                   

                  障害者雇用、大手が障害の軽い人をドバっと採用をしてしまうためか中小では採用にどこも苦労をしているみたいです

                  来年から障碍者雇用率が引きあがられることもあり障害者雇用も売り手市場です、

                   

                  吃音で障害者手帳を取るという事は

                  一般枠だけではなく障害者枠でも応募できるために、就職の応募の枠が広がります

                   

                  吃音が軽くて障害者手帳が取れない場合でも

                  発達障害者・難治性疾患患者雇用開発助成金は特定求職者 雇用開発助成金発達障害者・難治性疾患患者雇用開発コース)

                  というものがあります、この助成金は新卒でも使えます、ハロー枠で相談してみるとよいと思います

                   

                  障害者手帳は吃音外来をやっているところでは書いてもらえると思います、

                   

                   

                   


                  障害者雇用

                  0

                    障害者雇用促進法

                     

                    2013年には常時称する労働者が56人に1人から50人に1人になりました、

                    また来年には常時使用する労働者が45,5人に1人に引き上げられます

                     

                    さらに2年後?には43,5人に1人に

                    障害が軽くて配慮が少ない人材はもう大抵は就職をしてしまっているといわれています

                     

                    これからは精神障碍者などの雇用がますます増えるのではないかと思います


                    面接時の合理的配慮

                    0

                      面接時の合理的配慮

                       

                      障害者雇用促進法上では原則として合理的配慮をされる人は原則障害者手帳を持っている人+障害者 身体障害、知的障害、精神障害(発達障害を含む。第六号において同じ。)その他の心身の機能の障害(以下「障害」と総称する。)があるため、長期にわたり、職業生活に相当の制限を受け、又は職業生活を営むことが著しく困難な者を障害者として定義をされています

                       

                      例えば言語障害が軽く面接時に合理的配慮を受けたいと思っても障害が軽いために障碍者雇用測人法上の障害者の基準に見たな売場合には企業は合理的配慮をする義務はありません

                       

                      また合理的配慮は障害者が合理的配慮をしてくださいと申し出なければ企業側が合理的配慮をする義務もありません、

                       

                       

                       

                       

                       





                      calendar

                      S M T W T F S
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      2728293031  
                      << August 2017 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • 吃音と合理的配慮の必要性(1)事業所等における安全配慮義務と精神疾患等における配慮
                        管理人
                      • 吃音と合理的配慮の必要性(1)事業所等における安全配慮義務と精神疾患等における配慮
                        つばさ

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM